民進党広島県第4区総支部長
民進党広島県連副代表

民心党

活動報告詳細

【背筋を正した生き方を 決断】

22195414_1064619860341790_4867831429787915869_n

第48回衆議院選挙 無所属での出馬を決断しました。
この一年半、地域を歩き回り多くの方と出会い、熱心なご指導と叱咤激励をいただきました。率直に、政治に対する不信感や疑念や諦めの声は予想以上に大きく、政治は権力闘争の場であることも身をもって感じてきました。現在も、他党批判、新党に沸き上る期待と不満がメディアジャックの毎日。一方でこの間も、日本、地域が抱える課題はドンドンと進んでいっています。
民進党は今回の衆院選では事実上の解体。希望の党への合流か無所属か、新党かを選択しなければなりません。私は、政治の在り方として権力の一極化がもたらす必然的な暴走は誰(国民)の為にもならないものだと思っています。同時に、そうした絶大な権力や不条理に対して一人でも立ち向かわなければいけない時があるとも考えています。そう生きてきたし、これからもそう生きて行きたいと思っています。ただし、今の私は一人ではありません。えびす圭二に無償の応援をくださる後援会の皆さん、どんな立場でもえびす圭二を支援すると宣言してくださった連合広島の皆さん、何があっても最後は決断の背中を後押してくれる家族や仲間がいます。
一年半、休まず歩き地域の声を聞いてきました。
乾坤一擲の大勝負。胸を張って臨みます。魂の訴えを約束します。完全にしがらみのない状態で、正直な政治を目指します。正直な大人を目指します。
様々なご意見があるかと思いますが、ご理解をいただき、これまで以上のご声援をいただけましたら幸いです。