活動報告詳細

調査し、探究し、問いかけ、熟考する

JA広島中央の河野孝行組合長と面談の機会をいただきました。新規の圃場整備に関して、農業における草刈りの重労働について、条件整備事業について、法人経営について、今後の米価について、全体としての米の消費量の低下について、営農指導について等々、多岐に渡る分野での農業現場でのお話をお聞かせいただきました。

膝を突き合わせて意見交換させていただく機会が新型コロナの影響で少なくなっている中で、やはり直接目を見て話をすることの大切さも感じるところです。

東広島市は県下最大の穀倉地帯。傾斜地が多く大規模農業の適用が難しい環境にあることを念頭に、広島県としての考え方をしっかりと明示する必要があります。胃袋を支えていただいている農業に従事される方々への感謝も改めて感じる対談となりました。